Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://bravoo01.blog33.fc2.com/tb.php/130-a86742b6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

第126話がむコペ・「リアスポイラー・其の7」

25日(火)早朝より予てからの懸案事項の倉庫片づけをして朝食
その後奥を連れ店に

まずは本日最大のイベント「コペン・リアスポイラー装着」だ

事前に高校時代の同級生である通称「団長さん」を呼んで置いた
Help兼リアスポ周辺の測定を行うためである

団長さんには10時過ぎにと頼んでおいた

その間に奥とリアスポとトランクのセンターを出しておく事に

所がトランク・リアスポ共湾曲しているため中々センターが出ない
pat082.jpg

測り方が悪いのか・・何かセンターがズレている様な・・・

部品単体でそれは在り得ない様な気もするが明らかにズレている所もあるような・・・

この辺りから「難儀な予感・・・」

とりあえずここまで来たから奥の髪を切っていると
団長さん到着

カットも終わらせ頼みの綱の団長さんと試行錯誤
そこから2時間左脳全開で知恵を搾り出しなんとかここまで到達
pat083.jpg

で、リアスポを乗せるとどうやら右に寄っているらしいので5mm左に
当然センターも左寄りになる・・・。

でも、そこが左右ピタリの位置
もうこうなったら現物合わせしかない

センターより左5mm横ズレを起点に今度は縦ズレを合わせる
これも左起点で行う

なんとか見た目はセンターズレ無しの様に見える所ビス穴の
点も決まりで落ち着いた

トランクの中に新聞紙を敷き次は緊張の穴あけである。
pat084.jpg

まずはポンチで位置決め3mmより開ける
次にボルトと同径の6mm・6,5mmと開けリアスポを乗せてみる
すると微妙にズレている

ここまで来たら後には引けない次7mm・7,5mmと開けていく

その後はグリグリするヤツでグリグリしてなんとか合った

借り組みしてみてみると寸法からは上に2mmズレたが許容範囲内だった

マスキングテープを剥がしリアスポ側の両面テープも剥がし 乗せる・・
「しまったリアスポ側のネジの根元にコーキングするの忘れた」

しょうがなくボルトにコーキング剤を盛りボルト固定
ここでも問題は起きたが何とかなったので良いでしょう

で、完成はこちら
pat085.jpg

pat086.jpg

これを付けるとリアが引き締まりますねぇ~(自画自賛


 完 

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://bravoo01.blog33.fc2.com/tb.php/130-a86742b6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Appendix

プロフィール

がむぼーる

Author:がむぼーる
がむ父さんの独り言へようこそ!と言っても
ネタは独り言だけでなく他ジャンルも書きますので
興味を持った方は読んでみてください。

最新記事

アナログ時計(黒)

がむ父さんへの訪問者数

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。